17ENDは宮古島でもレアな海!行き方や楽しみ方を解説します

17end

宮古島に『17end(ジュウナナエンド)』という天国の海があるのをご存知でしょうか?

1日でも数時間しかあらわれない海はとても幻想的で、昼に行っても夕方に行っても感動するとてもキレイな景色を見してくれます。

  • 行くために車でいける?干潮時間は?
  • シュノーケルなんかも楽しめるの?
  • 駐車場は?

上記のような、疑問はもちろん17endの魅力をあますことなくお伝えするので、ぜひ参考にしてください!

宮古島のおすすめビーチ5選はこちら

目次

17ENDの行き方

干潮・満潮時間を調べてから行きましょう

17ENDは干潮のときしかあらわれない海なので、干潮の時間は絶対に調べてから行かなければいけません。

気象庁のサイトから見れば確実にわかります。

17end付近の干潮情報

あとは泊ってるホテルの人に聞けば調べてくれる場合も多いので、訪ねてみるのも手です。

具体的な場所は下地島のいちばん上

17ENDは宮古島ではなく、宮古島から橋でつながった伊良部島のさらに奥の下地島にあります。

車がないと行けない場所なのでレンタカーを借りてください。

閉鎖された?

実はLCCが開通してから今までパイロットの教習所だった下地空港が普通の空港としても使用されるようになりました。

そのせいで以前は17ENDのそばまで車で行けたのに今は行けません。

なので下地空港までレンタカーで行って下地空港の駐車場に止めてください。

そこからは徒歩で向かいます。5~10分で着きます。どうしても歩きたくないって場合は下地空港でレンタルサイクルって手もありますが3000円ほどかかるので歩きがおすすめです。

駐車場は無料で使用できます

17endの楽しみ方

シュノーケルはできる?

シュノーケルもできますが向いてないです。

17ENDは魚を見るところではなく、あれ?ここ天国?って思いながら空間を楽しむ場所になっています。

なのでシュノーケリングではなく海でパシャパシャしてください。

やっぱりデートがおすすめ

まわりに人がいなければプロポーズに使っていいくらい雰囲気は抜群です。

彼女とパシャパシャするだけでもインスタ映えする画になります。

あとは夕方になると夕陽も抜群なので、昼の真っ青な景色を楽しむか真っ赤な景色を楽しむか、その日の干潮時間にもよりますが楽しみ

タッチアンドゴーは?

せっかくなのでタッチアンドゴーも楽しみたいって人もいるかもしれませんが、訓練スケジュールなどは残念ながら公開されていません。

ですが、訓練が始まれば情報が公開されているツイッターがありますので参考にしてください。

タッチアンドゴー=飛行機の離着陸の訓練

17ENDの注意点

  • コンビニない
  • シャワーない
  • 下りるとき危ない

まわりにはコンビニはもちろんシャワー室もありません。

なので中に水着を着用したり大きめのタオルを持ったりと事前の準備が大事です。

あと17ENDはテトラポットを下りなければいけません。

足元はビーサンの人が多いと思うので慎重におりてください。ズルっといってケガしてテンション下がらないためにも大事なことです。

まとめ

17ENDの特徴は以下の通りです。

  • 行きづらい
  • コンビニもない
  • シャワーもない

ですが、行けば天国のような景色が待っています。

宮古島で特別な思い出を残したいときはぜひ行ってみてください。

17ENDの基本情報

正式名称17END
住所
電話番号
料金
営業時間
定休日
駐車場
公式HP
クレジットカード
その他
地図
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

宮古島が好きすぎて宮古島の情報サイトを作ってしまいました!
『初めての宮古島を最高なものに』をコンセプトに運営しております。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる