【穴場】ムスヌン浜はプライベート感あふれるビーチ!シュノーケル情報や住所を公開

ムスヌン浜の画像

宮古島に来たら旅行雑誌に掲載されているような有名ビーチめぐりもいいものですが、

観光客にあまり知られていないような、秘密の穴場ビーチで1日を過ごすのはいかがでしょうか?

宮古島から橋でつながる、来間島。

その来間島西側にあるビーチ「ムスヌン浜」は、ゆったりのんびりと過ごすのにピッタリな穴場ビーチです。

ナビなしではたどり着くのもむずかしいので、探検気分も味わえます!

そんな穴場中の穴場ビーチ「ムスヌン浜」を紹介いたします。

宮古島でおすすめのビーチはこちら

目次

ムスヌン浜の基本情報

正式名称ムスヌン浜
住所沖縄県宮古島市下地来間 来間島
電話番号
料金無料
営業時間通年
定休日なし
駐車場あり ( 5、6台ほど )
公式HP
クレジットカード
その他
地図

ムスヌン浜の魅力

ムスヌン浜

「 ムスヌン 」とは宮古島の言葉で『虫払い』という意味があり、

毎年旧暦4月になると、作物を荒らす害虫を火で焼き、シャコガイの貝殻につめてから

海に流し五穀豊穣を願うという伝承行事があり、神聖なビーチとしての一面もあります。

プライベート感満載

とにかくどこにあるのかさえ分かりにくい場所なので、人もまずいません。いるとすれば、釣り人か地元の人がヨガをする人がいるくらいなんです。

まるでプライベートビーチにいるかのような、ぜいたくな気分を味わえます。

まわりを気にする必要もなく、1人でたそがれてみるのもオススメです!

キレイな夕陽と星空

ムスヌン浜は島の西側にあり、東シナ海に沈む最高の夕日が見られます。

夜になると、まわりに明るい建物などがないため、天候に恵まれれば満天の星空を眺めることができます。

また、運が良ければ南十字星もみることができるんです!

時期は7月上旬がオススメで、月に1回はおとづれる「新月」の前後1週間を狙いましょう

シュノーケルもできる

砂地なので少し沖にでる必要はありますが、シュノーケリングもできるビーチで、オヤビッチャやツノダシなど、かわいい熱帯魚を見ることができます!

監視員がいなく、普段から波が高いこともあり、十分注意してシュノーケリングをたのしんでください。

ムスヌン浜の行き方

まずは宮古島から来間大橋を渡り来間島へ渡ります。

島へ入ったら、道なりにまっすぐ進むと複合施設の3店舗が右側に見えてきます。

  • 「 AOSORA PARLOR 」
  • 「 美ぎ島雑貨がじゅまる 」
  • 「 琉球ザッカ青空 」

そのまま進むと十字路があり、そこを左折します。昔ながらの家々を見ながら、さらに畑の中を進みます。

このあたりからはとても複雑な道なので、グーグルマップ(タップで開きます)などの案内にしたがいながら進むのが賢明です!

駐車場はある?

ビーチ手前には5、6台は駐車できるスペースがあります。

アスファルト舗装がしてあり、停めやすいです。

車からも景色が眺められるので、風が強い日や猛暑の日などは、車内から楽しみましょう!

ムスヌン浜に海の家やシャワーはある?

天然のビーチなので、旅行雑誌などに載っている有名ビーチのように、海の家やシャワーはありません。

でもそれがいいんです‥。

手つかずのビーチに人工的な施設は必要ありません!

なので、水着などの着替えはホテルで済まし、飲み物の用意をタップリしてから行きましょう。

まとめ

来間島がほこる秘密の穴場ビーチ「 ムスヌン浜 」

本当に美しいビーチというのは、手つかずの自然の中にあります。

ぜひ、一度ご自身の目で確かめられてはいかがでしょうか?

たどり着ければの話ですが・・・。

宮古島でおすすめのビーチはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次