【サメ】砂山ビーチは遊泳禁止?立ち入り禁止なのか情報を公開

砂山ビーチの画像

宮古空港から車でおよそ8キロ、インスタグラムや観光ガイドブックなどで必ずと言っていいほど掲載されている写真撮影スポットがあります。

今回は、その宮古島No.1写真撮影スポットである「砂山ビーチ」について紹介させていただきます。

  • 海の家はあるの?
  • シャワーは?
  • 事故とか起きやすいの?

砂山ビーチについて気になる疑問をすべてに答えました!

風景をメインに楽しむ場所なので、泳ぐのが得意ではない方にもオススメの場所なんです。

そんな目で楽しめるビーチ、「砂山ビーチ」についての詳しい情報のご紹介です。

宮古島でおすすめのビーチ5選はこちら

道は白砂ですが、裸足では石や枝などが落ちているので危険です。靴やビーチサンダルを履いて行くことをオススメします!

目次

砂山ビーチの基本情報

正式名称砂山ビーチ
住所沖縄県宮古島市平良字荷川取 705
電話番号
料金無料
営業時間24時間
定休日なし
駐車場無料駐車場 30台
公式HP
クレジットカード
その他
地図

砂山ビーチの行き方

まず車でお越しの方は、道路左手にある駐車場から徒歩で向かいましょう。

パイナップルのような実が特徴の「アダンの木」を横目に、白砂でできた上り坂をしばらく歩くこと約100m。

丘の上にたどり着くと、突如として現れる、美しい海と天国のような絶景に心躍らされます!

さぁ、はやる気持ちを抑えながら、なかなかの急坂をビーチまで下っていきます。

なんということでしょう~、そこには抜群な透明度の海水と、遠くの景色まで抜けているアーチ状の岩が見えてきます!

そうなんです、ここが有名撮影スポットなんです!ぜひこの岩とビーチをバックに写真をパチリッ!

あまりの美しさに思わず「ここは日本なのだろうか・・」と思わざる得ません!!

砂山ビーチは立ち入り禁止?遊泳禁止?

遊泳禁止ではないけど立ち入り禁止区域がある

冒頭でお伝えしたアーチ状の岩ですが、風化とともに崩れやすくなってきており、アーチの中は立入禁止となってしまいました。

そのため、以前はアーチの中に入って自由に写真撮影ができたのですが、現在はネットやバリケードが設置されており、それもできなくなってしまいました。

ですが、岩の外からであれば、現在も撮影もできるので安心してください。

今後、整備をしていただいて、以前のようにアーチの中で撮影できることを願っております!

事故やサメも出る

一見、とても平和に見えるこのビーチなのですが、2014年に死亡事故が起こってしまいました。

沖合は流れの早い場所があり、事故当日は波浪警報が発令されていたにもかかわらず、泳いでしまった観光客が溺れ、亡くなってしまいました。

また2000年には、イタチザメによる死亡事故も起きてしまいました。

沖合で、サーファーが波待ちをしていると突然、アザラシに見間違えたイタチザメに襲われてしまったのです・・。

そんな悲しい事故を二度と起こしてはなりません。

そのため地元の人は、この砂山ビーチで泳いだり、サーフィンをする人はいないんです。

砂山ビーチは浅瀬で遊ぶのがおすすめ

波打ち際で遊ぶのであれば、何も怖いことはありません。

水の透明度は抜群で、ファミリーやカップルで、とても楽しめるビーチです。

そこで、安全に砂山ビーチで遊ぶポイントを3つあげさせていただきます。

  • 波浪警報などが発令されている時は、絶対に海に近づかない
  • できれば干潮時を狙う
  • 膝以上の水深には入らない

以上をしっかり守って、素敵で楽しい思い出を残してください。

砂山ビーチに海の家やランチスポットはあるのか

以前は違法業者が浮き輪やイスを提供していた

2019年までは、アーチ状の岩左手前のくぼみに、浮き輪やイスを提供するレンタルショップがあり、観光客はそれらを便利にレンタルしていました。

ですが、驚くことにそのレンタルショップは違法業者だったのです。

現在はその業者も撤去されました。

そのため、浮き輪やイスを使用したい場合は、ご自身で持参するしかなくなってしまいました。

軽食は近所のスナヤマカフェ

ビーチでたっぷり遊んだあとは、ちょうど小腹が減ってくると思います。

そんな時は、地元民も通う「スナヤマカフェ」で休憩されてはいかがでしょうか?

砂山ビーチから徒歩5分、白い木製の外壁にコバルトブルーの扉。

店内も、西海岸風のとってもオシャレなカフェなんです。

素敵なご夫婦が経営されていて、とてもアットホームで居心地もよい空間です。

また、メニューも豊富で、食事メニューは「宮古牛100%タコライス」や「粗挽き豚肉のガパオライス」

疲れた体に嬉しいデザートメニュー「焼きたてワッフル自家製アイスとフルーツを添えて」「宮古ぜんざい」などが人気です。

「スナヤマカフェ」はとても人気店のため、オンシーズンは予約するのがおすすめです

砂山ビーチは将来リゾート地化するかも

なんと現在、「砂山ビーチリゾート化計画」が進んでいると言うのです。

というのも、元々砂山ビーチは私有地であり、所有するのはなんと、東京の不動産関連会社「宮古島砂山リゾート」。

と、東京??と驚かれた方も多いと思います。

その計画では、「宮古島砂山リゾート」と「三菱地所」が手を組み、砂山ビーチ周辺に様々なホテルを建設し、2023年の完成を目指して大規模リゾート施設を開発するというもの。

もしも計画が実現された後は、宿泊者でないと砂山ビーチに入れなくなるという可能性がでてきました。

もうすでに、工事開始の立て看板や、実際に住民説明会などが行われているらしく、そう遠くない話になりそうです。

まとめ

誰でも気軽に遊びに行ける、宮古島No.1写真撮影スポット「砂山ビーチ」

もしかすると今後、なかなか行くことのできない観光スポットになってしまうかもしれません。

そうなる前にぜひ、「砂山ビーチ」へ遊びに行かれてはいかがでしょうか?

宿泊者ではない観光客にも、自由に開放してくれることを願いつつ、今後の動向に注目です!

他にも宮古島のビーチが気になるって方はぜひ下の記事を参考にしてください。

宮古島でおすすめのビーチ5選はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

宮古島が好きすぎて宮古島の情報サイトを作ってしまいました!
『初めての宮古島を最高なものに』をコンセプトに運営しております。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる